インバウンド関連」カテゴリーアーカイブ

書の最大の魅力は、体と心の結びつき

先月開催させていただいた
外国人向け心理書道ワークショップ

参加者の方の書道に対するイメージは、

・難しいもの。
・動きを理解すること。
・リラックスすること。
・呼吸、一画一画を分析することが難しい。
・落ち着きと集中力を必要とする。

実際に体験してみて

・初めて漢字を練習するとき日本の芸術を感じた。
・静寂さ、安らぎ、リラックスを感じる。
・繊細さを感じる。

そんなことを感じ取っていただけたようです。

 

書道は、字を美しく書くだけではなく、

体と心の結びつきまでもが

必要なこと。

日本人にとどまらず世界にも

伝え続けていきたいと思います。

 

 

外国人向け心理書道ワークショップを開催いたしました

先日、東京で初のワークショップをさせていただきました。
フランス人観光客の団体様に
お越しいただき、

とても和やかな雰囲気でのワークショップとなりました。

集合写真(ブログ用)

ご自身の心にある文字を選び
書に表すという『心理書道』。

墨を擦り、いざ書き始めると
皆さん、止まりません(^-^

個性を大切にする、
信念を曲げずにまっすぐ生きている

書いているお姿から
そんなエネルギーを感じた
時間でした。

『墨を擦ると、とてもリラックスできる』

『書道道具を揃えて自宅でも始めたい』

そんな風に言っていただきました!

6歳の男の子が一生懸命書いている
『へのへのもへじ』。
なんともいえない愛らしい姿ですね(^^

へのへのもへじ(ブログ用)

 

この時間をきっかけに
現地フランスでも
日本の伝統文化がさらに広まりますように。

書いてる姿2(ブログ用)

当協会では、これからも日本と海外の懸け橋となれるよう
活動してまいります。

優子ちゃんと(ブログ用)