投稿者「kyoukai」のアーカイブ

自分で考える時間の大切さ

今日は敬老の日。

 

今日来られた生徒さんは

おじいちゃんおばあちゃんへ

「笑顔が大好きだよ」

と心を込めて作品を仕上げていました。

「笑顔」という文字も少し顔っぽく

線に強弱をつけて

書いて仕上げましたね。

 

小筆で書く難しさも

このときばかりは

楽しんで書いている様子でした(^^

 

きっと、おじいちゃんおばあちゃんは

泣いて喜んでくれて

一生の宝物にしてくれると思います(^^

 

 

 

墨を擦る時間も大切

集中して書く時間も大切

 

でも何より

 

自分で考えた文字を書くということが

これからはもっと必要になってくるのかなと

思います。

 

先生から与えられた課題だけを書く教室は

もう時代遅れなのかもしれません。

 

「考える時間がある

書道教室は画期的ですね」

 

そんなことを最近は

保護者の方からもよく言われます。

 

画期的な教室。

フツーじゃない書道教室作りをしていきましょう!

 

協会設立1周年を迎えました

一般社団法人心理書道協会は
設立1周年を迎えることができました。

これからも日本の伝統文化である[書道]を通して、

子どもたちが自分たちの想いを表す力を身に付け
「なりたい未来」を実現できるよう
「こども心理書道教室」の普及の為に
活動していきたいと思います。

これからも変わらぬご支援・ご鞭撻を
賜りますようよろしくお願い致します。

2018.9.13  山本美佐子

決断・行動することでマインドも変わる

先日のイベントでは

認定講師 西岡先生にうちわづくりワークショップを

担当していただきました。

西岡先生の書をするお姿に

多くの方が足を止め見入っていただいていました。

 

普段は三田市内で教室をしている先生ですが

今回は少し雰囲気の違ったところでの

ワークショップ。

ご参加いただいたお子様にも

喜んでいただき

大盛況に終わったイベント。

 

一つ一つ前向きに行動される先生のお姿は

いつも私も刺激を受けています。

行動が早い方はマインドも変わってきています。

今後のご活躍が楽しみです!

 

こども書道教室では、

教室運営以外にもイベントやセミナーのお手伝いをしていただいています。

ぜひ、一緒に色々なお仕事を一緒にしていきませんか。

これからの子どもたち、そして書に対する熱い想いをお聞かせください(^^

ZOOMでオンライン説明会を実施いたしました

先日、

協会設立以来初めての試み!

 

ベルギー在住の日本人女性の方に

 

ZOOM(オンライン会議アプリ)での

説明会を開催いたしました。

 

 

もはや、

世界との距離はなくなってきている時代。

 

デジタル社会はどんどん進化していますね(^-^;

 

アナログの

書道教室も

 

昔ながらのやり方だと

 

時代に合わなくなってきている

 

進化していく必要があると

私は思っています。

 

もっともっと子供達が

個性を生かし

 

大人たちが

心の声を聴いてあげる

環境づくりが必要な時代。

 

 

書道を通して

子供達の小さな芽を

 

ぐんと伸ばしてあげる

教室作りをしてきませんか。

 

遠方に住んでいらっしゃる方も

ZOOMで個別に説明会を

実施させていただきます。

 

☑これから一生続けられるお仕事を始めてみたい方

☑今のお仕事にプラスアルファしていきたい方

 

まずは、一歩を踏み出してみませんか。

子どもたちが考えていることは、実は深いのです。

5月は、母の日にちなんで

子ども達に改めて家族への

感謝・想いをテーマに考えて

文字を書いてもらいました。

 

 

お母さんの好きな言葉

お母さんがこんな風であってほしい

そんな想いで書いた言葉

 

小学3年生の女の子の生徒さんは

お母さんからよく、

自分の知らないことを

教えてくれるそうで

下の作品を一生懸命書いていました。

 

『お母さんみたいな美人になりたいな』

という言葉も、

とても愛が込められていて

ステキですね(^^

 

 

 

きっと、子どもたちの言葉は

ご家族に届いていることでしょう!

 

 

家族でのコミュニケーションが

減りがちの現代。

 

家族でたくさんの会話が生まれ

コミュニケーションを

たくさんとってほしいと

願うばかりです。

書の最大の魅力は、体と心の結びつき

先月開催させていただいた
外国人向け心理書道ワークショップ

参加者の方の書道に対するイメージは、

・難しいもの。
・動きを理解すること。
・リラックスすること。
・呼吸、一画一画を分析することが難しい。
・落ち着きと集中力を必要とする。

実際に体験してみて

・初めて漢字を練習するとき日本の芸術を感じた。
・静寂さ、安らぎ、リラックスを感じる。
・繊細さを感じる。

そんなことを感じ取っていただけたようです。

 

書道は、字を美しく書くだけではなく、

体と心の結びつきまでもが

必要なこと。

日本人にとどまらず世界にも

伝え続けていきたいと思います。

 

 

外国人向け心理書道ワークショップを開催いたしました

先日、東京で初のワークショップをさせていただきました。
フランス人観光客の団体様に
お越しいただき、

とても和やかな雰囲気でのワークショップとなりました。

ご自身の心にある文字を選び
書に表すという『心理書道』。

墨を擦り、いざ書き始めると
皆さん、止まりません(^-^

個性を大切にする、
信念を曲げずにまっすぐ生きている

書いているお姿から
そんなエネルギーを感じた
時間でした。

『墨を擦ると、とてもリラックスできる』

『書道道具を揃えて自宅でも始めたい』

そんな風に言っていただきました!

6歳の男の子が一生懸命書いている
『へのへのもへじ』。
なんともいえない愛らしい姿ですね(^^

へのへのもへじ(ブログ用)

 

この時間をきっかけに
現地フランスでも
日本の伝統文化がさらに広まりますように。

書いてる姿2(ブログ用)

当協会では、これからも日本と海外の懸け橋となれるよう
活動してまいります。

優子ちゃんと(ブログ用)

美を追求する『書道協会』ではありません。

仕事をする上で、

この『なぜこの仕事をしているのか』という

 

『why』の部分は

 

いつも私が

自分に問いかけている言葉。

 

どこかで立ち止まったり

悩んだりしたときは

 

『なぜこの仕事をしているのか』

に立ち返ることで

 

また、前に進んでいける。

 

今日はこども心理書道講師養成応用講座。

 

講師の皆さんには、

この『なぜ』の部分をワークしていただき

ご自身の想いを洗い出していただきました。

そして、講師の方々の教え方の特徴、

生徒様の1人1人のタイプをお伝えさせていただきました。

 

 

これを知っているのと知らないのとでは雲泥の差。

体験に来られた初めましての生徒様にも

 

ストレスなく対応できるのも

こども心理書道教室の講師ならではの

特徴。

 

美を追求する『書道協会』ではありません。

 

 

 

書道のスキルをお持ちの方、

すでに現役で指導されている先生方、

 

小さな一歩を大きな一歩に変えてみませんか。

商標登録証が届きました。

先日、『心理書道』の商標登録証が

届きました。

『心理書道』とは、美を追求するだけの書道ではなく

自分の今の気持ちと向き合い

心の中にある言葉を書に表し、

自分自身に気付きを与える書道のことです。

 

 

静かに自分と向き合う時間を持つことで

子供達は、これからどうしていきたいのか等

気付きを多く得るものだと

私は信じています。

同時に、日本の世界に誇れる伝統文化も

途絶えることなく

継承していくことが

私たち講師の役目でもあります。

 

日本全国そして世界へ

『こども心理書道教室』が増えていけるよう

日々活動してまいります。