子ども達の未来を応援したい。

 

昔からあるこども書道教室は、

ひたすらきれいな文字を書くために

先生からお直しをされては書き直す・・

の繰り返し。

 

書道は、きれいに書くことを追求するだけではなく

自分自身のその時々の想いを書き、

日々それを眺めることで

その想いに意識を向けることで行動できる

ツールなのです。

 

今の子ども達にはそんな想いを書く時間を

作ってあげる必要があるのだと思い

 

月に1度は想いを書く時間をとっています。

 

 

少年野球に所属している小5の男の子。

もっと強くなりたいと思い、

来年のカレンダーには

『強くなれ 全大会 優勝』

 

大きなカレンダーとはいえ、

大筆で、これだけの文字数を

書き上げるのは

お見事!

 

この字を書いた生徒さんは

毎月の色紙の作品にも

こんな風に、少年野球への想いを

書いてくれています。

 

想いが強く表れている作品に仕上がりました。

 

 

今日、

普段教室に通っていない

少年野球に所属の男の子も

 

学校の書初めを仕上げた後

 

少し時間が余ったので

夢を書に表してもらい

 

大切に持って帰ってくれました(^^

 

これを毎日眺めて

日々、努力を続け

甲子園への出場の夢を叶えてほしいですね。

 

 

こども心理書道教室では

美しい文字だけを伝えるのではなく

子ども達の夢への挑戦を応援しています!